愛国心を考える (岩波ブックレット)

制作 : Tessa Morris‐Suzuki  伊藤 茂 
  • 岩波書店
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000094085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「『愛国心』入門」といったところ。ブックレットですからすぐ読めます。しばしば見かける「良いナショナリズムと悪いナショナリズムの二種類がある」というとらえ方を批判した上で、国境線の内側(の利益)だけにとどまる排他的で偏狭な「愛国心」ではなく、国境線を超えていく「グローバリゼーションの時代の愛国心」の必要性を説いています。議論としてはわかりやすいですね。おおむねうなずきながら読んだわけですが、国境線を超えていくというコスモポリタニズム的「愛」は、それでもやっぱり「愛『国』心」と呼ばれなければならないようなもの、なのでしょうかね。(現代日本語の)「国」という言葉から少し離れて、コスモポリタニズム的な「愛」をとらえた方がよいんじゃないでしょうか。訳語の問題かもしれませんが、私はその点に少し引っかかりを感じました。とはいえ、これは読みやすくていい本だな、と思います。高校生くらいの人にも勧めたいですね。(20071002)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

テッサ・モーリス=スズキ(Tessa Morris-Suzuki)
1951年イギリス生まれ。英ブリストル大学卒業、バース大学大学院博士号取得。現在オーストラリア国立大学教授。専攻は日本経済史、日本思想史。
著書に『日本の経済思想』『自由を耐え忍ぶ』『過去は死なない』『愛国心を考える』(以上、岩波書店)、『辺境から眺める』(みすず書房)、『批判的想像力のために』(平凡社)、『北朝鮮へのエクソダス』(朝日新聞社)、『北朝鮮で考えたこと』(集英社)、『レイシズム・スタディーズ序説』(共著、以文社)ほか多数。
2013年第24回福岡アジア文化賞、学術研究賞を受賞。

テッサ・モーリス=スズキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする