ホロコーストを次世代に伝える―アウシュヴィッツ・ミュージアムのガイドとして (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
3.60
  • (3)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (70ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000094108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 〇日本人として、ポーランドのことを・ホロコーストのことをどれくらい伝えられるのか
    この本はアウシュヴィッツ博物館の内容と、筆者がガイドとしてアウシュヴィッツ博物館に関わってきた中で感じたことを2章に渡ってまとめている。

    第二次世界大戦中にドイツ占領下となったポーランドで、ユダヤ人を即座に処分する「強制収容所」として建てられたのがこのアウシュヴィッツ強制収容所です。その収容所でのユダヤ人の扱いは、描写するにはひどすぎる。よく、見てもいないのにこんなにもありありと、しかもイメージの沸くように書かれているのだろう。

    日本人がアウシュヴィッツの博物館を案内するなんてどういうことなのか、と思ってはいたが、きっかけは意外と小さいころに経験した講演会だった。小さなきっかけでもいいのだ。ポーランド人でも当時の状況がもうわからない世代だ。
    どのくらい、昔のことを理解しようとし、寄り添おうとし、見学に来た人に対して問いかけたり投げかけたり、ときには感じたことを受け取ったり・・・と、なんとなく当たり前だと思ってしまいそうだが、意外と苦になるものだ。
    それほど筆者はポーランド人と日本人の違いも理解しつつ、来てくれた人への最大満足を試行錯誤しながらガイドをし、この本を書き上げたのだと思う。

  • 見学後に読んだ。博物館の精神や中谷さんの考えが、読めばわかる。
    コンパクトでよみやすい。

  • 「嘆き悲しむのではなく、どうしてこんなことが起こったのか考えていきましょう。二度と同じ過ちを犯さないように」
    この本を読むとても悲しくなる反面、頼もしい人たちを知ることもできる。人間が薄々持っている差別意識を徹底して表面化させたヒットラー。中谷さんが「僕の話を受動的に聞いている皆さんは既に僕に支配されています」とおっしゃっていたのが印象的だった。
    少なくとも、ナチの被害者でない人々が、客観的に考えていかないと。

  • アウシュビッツは昔行った。日本人としてガイドとして頑張ってもらいたい。ここでの歴史は忘れてはいけない。忘れないことが人類最大の責任です。
    二度とこういうことを起こさないこと。人間の強さ、弱さあらゆることを感じる。

全4件中 1 - 4件を表示

中谷剛の作品

ツイートする