憲法九条、あしたを変える―小田実の志を受けついで (岩波ブックレット)

  • 岩波書店
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (67ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000094313

作品紹介・あらすじ

発足から3年余。九条の会の歩みは、ひとりでも動くことのできる市民の誕生・成長でもある。戦争、貧困、災害-対抗すべき課題へ、「平和に生きる権利」の主張が、今、ますます意味を持つ。2008年3月の九条の会講演会を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろいろと論議が繰り返されている憲法9条。

    岩波ブックレットは、「憲法9条」を支持するものが多いが、それに対する言明として梅原猛や大江健三郎、井上ひさしといった言論人がどういう主張をしているのかということで見てみた。

    紛争の武力による解決は、非現実的であると言わざるを得ない、という。9条は、カントの永久平和論にも通じる思想。

    様々な人が9条について独自の考えを示している。
    「9条バンザイ」と叫んでいれば良いのではなく、他人の意見の受け売りではなく、自分の考える材料にできればよいと思う。

    また、改憲派の文論も読んでみたい。

  • 小田実の「何でも見てやろう」は、若い方達に是非とも読んで貰いたい1冊です。

    岩波書店のPR
    「護憲の新しい地平を、どのように切り拓くのか? ディフェンスとしての護憲を超え、積極的平和構築への行動を訴えた、3月8日の「九条の会」講演会を収録。「絶対平和主義」「戦略的現実主義」など、呼びかけ人であった小田実の思想をキーワードに、九条の多様な可能性を探り、一人ひとりの市民としての自覚を呼びかける。」

  • 多数の著者による共著。いろいろな例でもって、九条について語られている。

  • 憲法の勉強をしているとよく小田実という名前を見るので気になっていました。
    このブックレットは今は亡き小田さんの影響を受けた人、尊敬している人、その志を受け継ぎ実践していこうという人たちに書かれています。

    小田さんが一番有名なのは私はベ平連の活動だと思ってましたが、彼はその運動に参加する以外にも様々なところで活躍していました。
    そのところどころで彼の思想が見え隠れする全体小説の執筆や、評論も書きつつ、数々の運動にも参加。
    「まずは、自分がやる」という志をもち、時には戦艦の周りをボートでぐるぐる周りながら抗議をしたそうです。また、阪神大震災をきっかけに、被災者救援のために公費を使うことを可能にしたのも彼なのだとか。


    しかしやはり小田さんの思想や活躍を知るには小説やら評論を読んでみないといけないなと思いました。

  • 小田実氏の追悼の会の収録。じっくり、目立つことなくわが道を行くこと。決して気持ちを萎えさせないこと。私たちが小田氏を忘れることなく憲法九条を誇りとして護持をしていくことに、私たちは共感できることを嬉しく思う。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

井上ひさし

一九三四年生まれ。上智大学仏語科卒。「ひょっこりひょうたん島」など放送作家として活躍後、戯曲・小説などの執筆活動に入る。小説では『手鎖心中』で直木賞、『吉里吉里人』で日本SF大賞および読売文学賞、『腹鼓記』『不忠臣蔵』で吉川英治文学賞、『東京セブンローズ』で菊池寛賞、戯曲では「道元の冒険」で岸田戯曲賞、「しみじみ日本・乃木大将」「小林一茶」で紀伊國屋演劇賞および読売文学賞、「シャンハイムーン」で谷崎潤一郎賞、「太鼓たたいて笛ふいて」で毎日芸術賞および鶴屋南北戯曲賞など、受賞多数。二〇一〇年四月死去。

「2020年 『四捨五入殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上ひさしの作品

ツイートする
×