脱「世界同時不況」―オバマは金融危機を克服できるか (岩波ブックレット)

制作 : Andrew DeWit 
  • 岩波書店
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000094580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 予算編成は国の政策意図を表わしていると書かれていたのが印象的だった。
    やっぱり、「水星探査が国民に利益をもたらすのか」とか質問している事業仕分け人は宇宙に飛ばすべき。

    この本では「新自由主義の時代は終わった」として、「バブル崩壊→金融緩和政策→過剰流動性→新たなバブル」というバブル循環から抜け出すには、政府主導のグリーン・ニューディール政策による実物経済の回復と銀行国有化も視野に入れた不良債権処理の二つを挙げているけど、景気は回復してきているという見方が主流になってしまった今、こんな大がかりな政策は保守派や世論の反対で不可能だと思う。

  • 史上最悪の金融危機といはれている今、世界の中心であるアメリカは政権交代して何とか変えようとしている。アメリカの大統領オバマのチェンジの言葉と共にはたして変えることはできるのであろうかということである。しかしアメリカだけが頑張ってもどうにもならない。日本も政権交代して何とか変えようとしている。人々は政権交代をしたほうがいいといっているが、これはどうにもならないから逃れているだけなのだと思う。しかし私もこの政権交代にかけてみたいと思う。さらにそれをわかりやすく説明するこのような本も、どんどん増えていってほしいと思う。

  • 内容は読みごたえがあるが、結構固い感じなうえ、字が小さいので読み疲れた。
    オバマのグリーンニューディールの可能性を示すと共に、オバマの金融政策の弱気の危険性を示している。
    キーワード
    「格付け機関はもっと大きな怪物(CDO市場)を創り続ける。このトランプで作った家が崩れる前にわれわれが皆裕福で引退していることを祈ろう」
    AIGの850億ドルの緊急融資の支払先  ゴールドマンサックス 129億ドル、ドイツ銀行118億ドル、ソシエテ119億ドル。GSがこの時期でも景気が良いわけですね
    借り手が潰れても困らない債権者を「からっぽの債権者」と名付けた。・・・CDSがあれば、債権先が潰れた方が儲かる場合もある(GSにとってAIGが潰れた方がラッキー)
    カリフォルニア州では既に電気の10%が再生エネ、テキサス州は風力800万kW(日本全量の4倍以上)
    オバマの緑の戦い宣言・・・石油ガス関連の300億ドルの税控除の廃止計画
    店頭デリバティブ取引ほど儲かるものはない
    排出権取引のデリバディブ、サブプライム・カーボン取引の危険性、リスクの高いCDMにリスクの低いCDMに混ぜて、これを金融工学で化粧をして、格付け機関にAAAを付けさせるのがボロ儲け戦略?
    IEAは再生エネに実力が無いと軽蔑的な態度、しかしそのIEAですら意見を変えてきている
    台頭するグリーン中国。気づけばグリーン国家としての地位で日本より高くなるかもしれない
    中国のEVを作るBYDの価格の安さ・・・安かろう、意外とよかろう!であれば、プラグインス・プやアイミーブが負けてしまう可能性も
    ペンタゴンは再生可能エネルギーを重視している・・・基地に風力や太陽光も、燃料の輸送トラックなどの危険性が大幅に下がる、石油の依存度を下げること自体が大きな軍事戦略 

  • 石油化学業界に身をおいている。もちろんモノによるのだけれども、今年も3-4月以降になってからのアジアでの石化製品への需要はかなり回復してきており、リーマンショック以前の水準にほぼ戻りつつある。景気も底を打ちつつあるのかな、と思っているのだけれども、実際にはサブプライムローン問題以降発生した不良債権のカタはまだついていない。バブル景気崩壊後の日本も、不良債権処理問題を解決するまでは本格的な景気回復はなかったわけで、こういう具合に金融機関が不安定な状態が続くと、景気は底を打ったとしても、力強い回復、とまではいかないのかもしれないな、と思っている。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

金子勝
1944年1月16日、愛知県に生まれる。1966年3月に愛知大学法経学部法学科を卒業する。愛知大学大学院で鈴木安蔵氏に師事。現在、立正大学法学部名誉教授。国民の「幸福」のために、世界と日本の憲法問題を科学的に解明するためには、憲法学・政治学・社会科学が必要であるとの考えから、憲法学、政治学、社会科学論を専攻。著書に、『社会科学の構造』(1986年、勁草書房)、『日本国憲法の原理と「国家改造構想」』(1994年、勁草書房)、『社会科学の世界』(1999年、勁草書房)、『憲法の論理と安保の論理』(2013年、勁草書房)がある。共著に、『やさしい憲法をお母さんへ』(1998年、自治体研究社)、『おかあさんと語る教育基本法──子どもたちのすこやかな成長のために──』(2003年、本の泉社)、『憲法?』(2006年、本の泉社)などがある。趣味は、漫画と落語。斎藤隆介作・滝平二郎絵の創作民話『花さき山』(1969年、岩崎書店)が、大好き。

「2018年 『金子勝先生のやさしい憲法教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子勝の作品

ツイートする