現代シリア・レバノンの政治構造 (アジア経済研究所叢書 5)

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000099745

作品紹介・あらすじ

9.11事件、イラク戦争により、中東地域の政治的再編の動きが加速している。その流れのなかで、シリアとレバノンの政治に、いま何が起こっているのだろうか。政治変動の二大震源地、イラクとイスラエル/パレスチナの中間に位置する両国は、中東政治研究の展望を切り開く鍵を握っている。緻密な実証研究に基づき、両国の政治的実態に初めて理論的に迫った労作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レバノンとシリアは社会構成、文化、歴史的経験などの多くを共有している。両国はイスラム宗派とキリストが混在したモザイク社会としての特徴を備えている。歴史的経験では両国は第一次大戦以前はほぼすべての時代においてビザンツ帝国、オスマン帝国といった同一の国家、王朝の支配をうけてきた。1920年のフランスの委任統治開始によって、イギリスの支配下に置かれたパレスチナ、ヨルダン、イラクから切り離された。
    シリアとレバノンは2つの国家における1つの人民であるというスローガンがある。

全1件中 1 - 1件を表示

青山弘之の作品

ツイートする