岩波講座 ソフトウェア科学〈〔展望〕17〉モデルと表現

  • 17人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 岩波書店 (1992年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000103572

作品紹介

計算機の持つ万能なシミュレーション能力を十分に活用するために、対象領域をいかにモデル化し、ソフトウェアとして表現するか、本書では、そのために最も有効な概念としてオブジェクト指向の考え方を導入する。また、型、型多相、分散システム、仮想状態/時間、並列オブジェクトシステムなどの概念を詳しく説明し、オブジェクト指向に基づくソフトウェア設計にとって必須の基本概念と適用について明快に解説する。

岩波講座 ソフトウェア科学〈〔展望〕17〉モデルと表現の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 模型を作るのは、機械系では必須です。実際に物を動かす前に、コンピュータでシミュレーションすることがよくあります。ソフトウェアでも、組込み系では、実際のCPUで試す前に、高速なCPU上で不具合の確認することがあります。
    これは、CPUのモデルがかなり進んできたと理解すればよいでしょうか。

全1件中 1 - 1件を表示

米沢明憲の作品

岩波講座 ソフトウェア科学〈〔展望〕17〉モデルと表現はこんな本です

岩波講座 ソフトウェア科学〈〔展望〕17〉モデルと表現を本棚に登録しているひと

ツイートする