岩波講座 現代社会学〈2〉自我・主体・アイデンティティ

著者 : 井上俊
  • 岩波書店 (1995年12月4日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 16人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000106924

岩波講座 現代社会学〈2〉自我・主体・アイデンティティの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっと読み終わった! かれこれ1週間ぐらい、この本にかかりきりだった気がする。

    当然というか、筆者によって文章のクオリティがかなり異なる。
    個人的な評価を下すなら、木村敏「自己と他者」、木村洋二「「私」の構成―自己システムのソシオン・モデル―」、浅野智彦「近代的自我の系譜学1―ピューリタニズム・スノビズム・ダンディズム―」三浦雅士「近代的自我の神話」は読む価値があったと思う。

    なんでこの執筆陣になったのだろう。木村敏は精神医学の話をしだすし、文学批評のようなことをする筆者も結構多かった。上田閑照なんて「十牛図」がテーマだったし。社会学だとミード、ゴフマンとかばっかになっちゃうからかな。お隣の畑なんだし、社会心理学の知見がもっと紹介されてもいいのではないかとも思う。

全1件中 1 - 1件を表示

井上俊の作品

岩波講座 現代社会学〈2〉自我・主体・アイデンティティはこんな本です

ツイートする