岩波講座 環境経済・政策学〈第1巻〉環境の経済理論

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000112215

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6章エントロピーとエコロジーの経済学、7章コモンズと資源・環境問題は、参考になった。

  • 高度経済成長の後始末が、環境経済学であろうか。
    玉野井芳郎が提起した環境経済を、どれだけ受け止めて体系化したかが課題である。

    C02が喧しく叫ばれている。
    C02は環境の一つの指標であって、経済における貨幣のような役割を果たすことはできない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

滋賀大学学長、経済学博士

「2013年 『ものの値段大研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐和隆光の作品

岩波講座 環境経済・政策学〈第1巻〉環境の経済理論を本棚に登録しているひと

ツイートする