場と器――思想の記録と伝達 (岩波講座 日本の思想 第二巻)

  • 岩波書店
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000113120

作品紹介・あらすじ

カミの言葉から人の言葉へ。声の伝達から文字による記録へ。思想はどのように記録され、何を媒介にして人びとに伝えられてきたのか。その実態と変遷をさぐる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館本 121-I95-2 (100130090473)

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784000113120

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1953年、宮城県生まれ。東北大学文学研究科教授。東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。博士(文学)。東北大学文学部助手、盛岡大学文学部助教授などを経て現職。専門は日本思想史。著書に『日本中世の国家と仏教』『鎌倉仏教』『神・仏・王権の中世』『アマテラスの変貌』『偽書の精神史』『日蓮』『霊場の思想』『起請文の精神史』『死者のゆくえ』『日蓮「立正安国論」 全訳注』『ヒトガミ信仰の系譜』『死者の花嫁』などがある。

「2018年 『「神国」日本 記紀から中世、そしてナショナリズムへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤弘夫の作品

場と器――思想の記録と伝達 (岩波講座 日本の思想 第二巻)に関連するまとめ

ツイートする