言語と身体性 (岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第1巻)

制作 : 安西 祐一郎  今井 むつみ  入來 篤史  梅田 聡  片山 容一  亀田 達也  開 一夫  山岸 俊男 
  • 岩波書店 (2014年7月5日発売)
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 29人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000113717

作品紹介

人間は、なぜ言語以前の身体の知覚や感情を言語という記号に結びつけられるようになったのか。そもそも音声言語の進化的基盤はどこにあるのか。子どもの言語獲得や意図理解はどのように発達するのか。手話やジェスチャーはどのように生成されるのか。実験観察や計算モデルなどの手法を取り入れ、いわゆる「記号接地問題」を解く。

言語と身体性 (岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第1巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)

    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 361.45||IW||1
    【OPACへのリンク】

     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=167457

  • どこを読んでもどこから読んでも意味不明。

全2件中 1 - 2件を表示

言語と身体性 (岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第1巻)はこんな本です

ツイートする