愛しすぎる家族が壊れるとき

著者 :
  • 岩波書店
3.45
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000220170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寄稿文をまとめたものなので散漫な感じ。
    上野千鶴子氏の影響でフェミよりの論調の文章あり。
    社会学的な見地の論調は凡庸な感じがして少々辟易した。
    元アルコール依存症のカウンセリングのキャリアがある著者なのに、嗜癖について、われわれが嗜癖社会に生きていて、何かに嗜癖せざるを得ない性を深く考察していると感じられる文章がなく、残念だった。

  • 愛情という名の支配のもとに、自分の人生と親の人生を切り話せなくて苦しんでいる、日本型ACへの3つの提案。

    1)ロールプレイング家族
    2)契約制家族
    3)家族解散

  • 『母が重くてたまらない-墓守娘の嘆き』等、家族の問題についての著作を持つ信田さんのAC(adult children)を論じた本。

    第3部に分かれており、書かれた期間に違いがあるようなので、首尾一貫していないが、私が感じたこの作品のコアは以下のようになる。

    「家族関係が壊れるのは、みんなが傷ついており、自分を守ろうとしているから。
    何か問題が発生した時に、最も標的になりやすいのは、権力(状況を定義する権利)を持たず立場が弱い、子供や女性達。
    そして、家庭問題の難しい点は、当事者性の不在。
    被害者ははじめから被害者なのではなく、被害者になる。
    加害者は被害者の気持ちを知る事で初めて、加害者になる。

    家族は問題を抱えている。
    それでも、私たちは生き延びなければならない。」

    という感じかな?
    首尾一貫していないのが残念だった。
    一気に読むと混乱する。
    だが、読みやすい文章だった。
    個人的には、「中立という立場は存在しない。中立の立場でクライアントを見ると、必ずその人にも悪いところがあるように見える」
    という部分にはっとした。
    いままで、中立にいようとしすぎて他人に対しても自分に対しても、反省を求めすぎていたのではないだろうか。

  • 冒頭の事例はスリリングで面白かったけど、後半部分の理論部分は眠くて退屈だった…

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

臨床心理士、原宿カウンセリングセンター所長。1946年、岐阜県に生まれる。駒木野病院勤務、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長を経て、1995年原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、ひきこもり、ドメスティック・バイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族のカウンセリングを行っている。

「2017年 『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

信田さよ子の作品

ツイートする