安全なお産、安心なお産 「つながり」で築く、壊れない医療

  • 34人登録
  • 4.38評価
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 河合蘭
  • 岩波書店 (2009年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000220545

作品紹介

ハイリスク妊娠、早産、帝王切開が増加。NICU(新生児集中治療管理室)はパンク寸前。かつてはあたりまえの出来事だったお産が、なぜこれほど困難になったのか-。現場の声に耳を傾け、産む女性の視点から、希望ある未来への手がかりを探る。

安全なお産、安心なお産 「つながり」で築く、壊れない医療の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 産み場所の減少、産科医の激務(長時間労働、訴訟リスク)、帝王切開やNICUを必要とするお産(←早産、多胎)の増加、晩婚化、少子化や不妊治療等々、様々なことがすべてつながっているとよくわかる。特にこの本では帝王切開が増えた理由が詳しく書いてあった。逆子だから即帝王切開、となったのはごく最近のことなんだと知った。こういった現状を私たち一人一人が理解して、健康に気を付けて冷静な判断をしていくことの積み重ねが本当に大切だとあらためて思った。我が子の誕生を待つ身で読んで、ひとつひとつのトピックが身に染みる。

  • 医者の減少や、日本が訴訟社会になりつつあることにより、医者の技術で普通分娩できるような事案でも帝王切開が増加していること。
    帝王切開が第二子に与える影響。
    助産院の仕組み。
    NICUの存在が与える、医療機関への負担。

    知らないことが学べて良かった。

  • 妊娠陽性反応が出た翌日、初めて産婦人科に行って「おめでたですね」と言われ、感激して主人に

    「産婦人科って、お産は病気じゃないし、これから新しい命が生まれる幸せな科でいいね~。」

    と何気なく言ったら、非難轟々でした・・・。

    何言ってるの!産婦人科なんて、長時間労働で、何か問題あったらすぐ訴えられちゃうし、今一番なり手が少ないんじゃない?産科医なんかどんどん減ってるよ!!と。

    そうでした。

    実際私が行った一軒目の病院は、すでに満室でお産を受け付けてもらえなかったし、お産ってさまざまな問題があったんですね・・・。

    NICUのベット数の問題、帝王切開の増加、産み場所が無い。

    私自身が産まれたのは、逆子の状態で足から産まれました。
    「怖くて頭から出られなかったんだねー」なんてよく両親にからかわれたものでした。
    しかし現在では、逆子の子はほぼ帝王切開で生まれます。
    なぜ、これまで逆子でも自然分娩で産まれていたのに、帝王切開が当たり前になったのか?という理由も複数の理由が重なって起きているわけですが、なんだか残念な気もしてしまいます。
    現在逆子で帝王切開している人々の中にも、安全にするっと自然分娩できるはずの人がたくさんいるはずなのです。

    NICUの問題も、医療が進歩すればするほど、新しい問題が発生してくる。

    自分自身、幼いころから医学の進歩には頭が上がらないような人生を送ってきているだけに、何がいいのか何とも言えないところです。

  • 周産期医療とその周辺で現場に関わっている人々へのインタビューを元に執筆された一冊。ここだけの話、第二章と第四章の途中で目頭が熱くなりました(T-T)。問題山積みの中、少しずつ解決への道を歩み始めているという事を信じたい…。

全5件中 1 - 5件を表示

河合蘭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

安全なお産、安心なお産 「つながり」で築く、壊れない医療はこんな本です

ツイートする