アッシジの聖フランチェスコ

制作 : 池上 俊一  梶原 洋一 
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000220606

作品紹介・あらすじ

フランチェスコが生きた時代は、西洋中世において都市化が進み、貨幣経済が浸透してゆく社会の一大転換期だった。清貧と謙譲を実践し、新たな伝道の形を創始したフランチェスコ-その活動は、変容へ向かうさまざまな動きが伝統と対峙していた同時代の歴史的・社会的・文化的流れの中にどう位置づけるべきなのか。歴史家としてつねにフランチェスコに魅了されてきたという中世史の泰斗が「私の」フランチェスコ像を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャック・ルゴフ『アッシジの聖フランチェスコ』岩波書店、読了。本書はアナール学派のヨーロッパ中世史の大家の手による最新のフランチェスコ伝。「小鳥への説教」の挿話をはじめ、フランチェスコ「像」はすでに出来上がっている。著者は、史料を精査し、その聖人像に肉薄しようと本書で試みる。

    フランチェスコの生きた中世後期の社会は激動の時代。域内経済の活発化は都市の勃興を促す。著者はフランチェスコの一般市民との交流に注目する(フランチェスコ自身も商家の出)。その清貧と平和の思想生成のドラマを読み解いていく。

    筆者は歴史解釈の問題の限界について自覚的に記述しつつ、史料を読む点に好感。その中で、冨や権力を嫌い、弱き者を愛し平等な社会を希求したその思想を浮かび上がらせるから驚き。オススメの1冊。http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0220600/top.html

  • ジュリアン・グリーン著の方を読みたかったんだけど、図書館で取り寄せをお願いしたらこちらが届いた。せっかくなので読んでみる

    追記:人物名が頭に入ってこず挫折

全2件中 1 - 2件を表示

ジャック・ルゴフの作品

ツイートする