アニメーション、折りにふれて

著者 :
  • 岩波書店
3.63
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000220804

作品紹介・あらすじ

スタジオジブリの内と外、こんな仲間たちと映画をつくってきた。ここにこだわって考えてきた。新作『かぐや姫の物語』はこうしてできた。これだけは言っておきたい、この一冊。日本の漫画映画の来し方を振り返りつつ、その映画づくりにかける思いから、知られざる日ごろの姿まで、高畑監督の人間像に幅広く迫るエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「かぐや姫の物語」を製作中にあちこちで書かれた文章をまとめた一冊。たっぷり。
    特に印象深かったのは、追悼・氏家齊一郎、脳裏のイメージと映像のちがいについて、禁煙レポート…むう9章は全部好きかしら。
    iPadのことを魔法のエレキ板と表現されている。イカス!
    喫煙擁護派非喫煙者ニワタシモナリタイ。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

アニメーション映画監督。1935年、三重県生まれ。作品にTVシリーズ「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」など、劇場用長編「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョとなりの山田くん」「かぐや姫の物語」など。

高畑勲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
鈴木 敏夫
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

アニメーション、折りにふれてを本棚に登録しているひと

ツイートする