生きる術としての哲学―小田実 最後の講義

著者 : 小田実
制作 : 飯田 裕康  高草木 光一 
  • 岩波書店 (2007年10月5日発売)
4.30
  • (6)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000221627

生きる術としての哲学―小田実 最後の講義の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者が慶應義塾大学三田キャンパスにて学生を相手に行った連続講義の記録。「考えてみようよ」と何より考える場を大切にした。小田さんの話の中に「する側とされる側」という議論の枠組みがよく登場する。その説明に使われる写真は大阪空襲の様子を上空のB29から撮影したもの。小田さんは当時大阪の空襲の最中現場にいた。上空と地上では同じ現場は共有できない。鳥の目ではなく、虫の目になること。それが、国家の目ではなく、市民の目でみるということ。

全1件中 1 - 1件を表示

小田実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大前 研一
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

生きる術としての哲学―小田実 最後の講義はこんな本です

ツイートする