われらが背きし者

制作 : 上岡 伸雄  上杉 隼人 
  • 岩波書店 (2012年11月8日発売)
3.47
  • (6)
  • (10)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :129
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000221955

作品紹介

カリブ海の朝七時、試合が始まった-。季節外れの豪奢なバカンスが、ロシアン・マフィアを巻き込んだ、疑惑と欲望の渦巻く取引の場に。どうして私たちなのか、恋人は何を知っているのか、このゲームに身を投げ出す価値はどこにあるのか?政治と金、愛と信頼を賭けたフェア・プレイが壮大なスケールでいま、始まる。サスペンス小説の巨匠、ル・カレ極上のエンターテインメント。

われらが背きし者の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。特に会話劇、心理劇といえる部分にぐいぐい引き込まれ、せっせせっせと読んでしまいました。

    謎も残る。戸惑いと怒りが静かにわいてくるけど、誰に対して何に対して向けていいのかわからない。
    どこからだったんだろう。考えれば考えるほど最初から不思議だった気がしてくる。

  • ひさびさの再読。映画を観て再度原作も読みたくなった。映画はペリー役もディマ役もはまってたし、映画的にはああいうラストでないとダメなのかもしれない。でも原作にある、各人物の内面のぶつかり合いとか、ディマの生い立ちとかがないと、このストーリーの運びに釈然としない気がする。初期の頃のル・カレより断然読みやすいけど、常に政府とか組織とか見えない大きな悪意と対峙する人間を描く姿勢は変わっていない。

  • 翻訳がよいのか読みやすい。映画のための予習。ペリーはユアンマクレガーにしか見えない。映画を見てから読んだほうがよかったかも。
    ちょっと『ホームランド』を思い出す展開なところもあり。

  • やっっと読み終えた。
    長かった…
    難解だった…

    でもちょっとだけ、ルカレを読むこつがつかめてきたかな??

    最後まで読もうと思えました。

  • 現実に有りそうな話と「ありえないだろぉ..」と云う
    間くらいのお話が好きな私にとっては面白かった。
    展開重視よりも人間関係や心理描写が絶妙で緻密に描かれているところも〇。
    ただ、現代のマネーロンダリングと諜報部の動きが詳しく描かれていると期待した分、星一つマイナス...ということで。

  • 私の集中力が足りなかったせいか、寒い国から帰ってきたスパイほどの感動は覚えず。。残念。

  • 久しぶりのル・カレ。期待したが、かなり期待はずれ。ル・カレはエスピオナージュでないとだめなのかなぁ。とにかく半分くらいまでは、あまりに平坦でありかつ、話が良く見えない。よく見えないのはエスピオナージュでも同じだが、駆け引きが平坦すぎて面白みが無く、何度途中でやめようかと思ったことか。物語が動き始めた後は、緊張感溢れるル・カレらしさが出ていたが、全体像は「しょぼい」。そして突然のTHE END。これは、参った。フラストレーションが溜まる・・・・

  • 決して隅から隅まで理解できたとは言いがたいのだが、読後は「マーベラス」の一語に尽きる。これ以上に面白いエンタメ本は、他に何冊もあるだろうけど、この本以上にイギリス小説の魅力を再確認させてくれる本はそう多くはないだろう。物語が本当に動き始めるのはヘクター登場以後なのだが、それまでの序盤がとにかく堪らない。読みながら、シャーロック・ホームズの一場面を思い出す。それは、兄と一緒に窓辺に立ち、通りを行き交う男女の素性を推理しあったり、あるいは依頼人がホームズの前で出来事のあらましを実にフェアに語るシーン等々...

    別にスパイの訓練を受けてるわけではない庶政の人までもが、出会った他人をこれほどまでするどく観察し、かつ偏見を排しできるだけフェアに語ろうとする姿勢を見せていることにあらためて感動した。

    日本の小説でこの本の序盤をまんまやっちゃうと、不自然きわまりなくなるだろうな。

  • ジャンルはスパイ/エスピオナージュだけど筆力は純文学、というのがル・カレ先生だけど、今回のテーマはロシアとマネーロンダリング。1931年生まれだから今年82歳。この年になっても小説書き続けているの凄いよね。作品自体のクオリティもまったく落ちていないところが凄い。

  • ル・カレの最新作は、ロシアの新興財閥の闇だった。相当、ロシアマネーについては、関心と危機感が強いのだろう。過去にも取り上げたにもかかわらずの再挑戦だった。テーマの怖さもそうだが、今回驚いたのは、国際的陰謀に巻き込まれてしまう若い男女と再起を期した中堅スパイの葛藤。若い男女の瑞々しさは眩く、中堅スパイはあまりにもの悲しい。常に進化を続けるル・カレは、今回も見事に凄さを見せつけた。

全16件中 1 - 10件を表示

ジョン・ル・カレの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
トム・ロブ スミ...
村上 春樹
三浦 しをん
高村 薫
横山 秀夫
ジェフリー ディ...
スティーヴン キ...
アーナルデュル・...
ピエール ルメー...
伊藤 計劃
村上 春樹
ティムール ヴェ...
高村 薫
ジャレド・ダイア...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

われらが背きし者を本棚に登録しているひと

ツイートする