われらが背きし者

制作 : 上岡 伸雄  上杉 隼人 
  • 岩波書店
3.48
  • (6)
  • (11)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 135
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000221955

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ル・カレの最新作は、ロシアの新興財閥の闇だった。相当、ロシアマネーについては、関心と危機感が強いのだろう。過去にも取り上げたにもかかわらずの再挑戦だった。テーマの怖さもそうだが、今回驚いたのは、国際的陰謀に巻き込まれてしまう若い男女と再起を期した中堅スパイの葛藤。若い男女の瑞々しさは眩く、中堅スパイはあまりにもの悲しい。常に進化を続けるル・カレは、今回も見事に凄さを見せつけた。

  •  風邪が治って静養中に一気に読んでしまった。今までのル・カレ作品の読書経験で、このように一気に読めた事は無かった。頭がすっきりして体が動きたくないというタイミングが良かったのかもしれない。
     「ナイロビの蜂」辺りからの作品は、それ以前の作品よりずっと読みやすくなっているけど、他のスパイ小説に比べれば断然読むための努力が必要である。そして、問題意識や想像力が必要である。そうではなければ、銃撃戦なし、カーチェースなし、ほとんどアクションなしのこの「スパイ小説」を味わうことはできない。読み手である自分が年を取ったほうが読み応えがあるのはなぜだろう?たぶん、安易なアクションや絵空事のようなカタルシスを信じないひねくれものになったからかもしれない。今までは電車内で読む事が多かったのだけど、やっぱり腰を据えてじっくり読み味合うものなのだと実感した。今までの作品も読み直してみようと思う。
     この作品の底流には怒りずっとくすぶっている。それがラストまでずっと、そっと、ときに希望を感じさせたり、世界を冷酷に見せたりしながらも、静かに怒りが続く。それが著者の怒り方なのだろうな。最後にそれが弾けるのだけど、その弾け方が衝撃的だった。冷徹に世界を見据えているからこそのラストなのだろうし、これが作者の怒りの表明なのだろうと思う。そして、なによりこれは安易な娯楽小説ではない。ハッピーエンドで終わらせられない苦悩がきっと作者にあるだろう。
     冷戦が終結してスパイ小説のネタはなくなるなんて話もあったけど、大国対立などとは比べ物にならない、もっと見えづらいもっと邪悪なものが現実の問題として存在しているのだとル・カレの小説は教えてくれている。

ジョン・ル・カレの作品

ツイートする