ウィキペディア革命―そこで何が起きているのか?

制作 : Pierre Assouline  B´eatrice Roman‐Amat  Delphine Soulas  Florence O’Kelly  Pierre Gourdain  佐々木 勉 
  • 岩波書店
2.94
  • (1)
  • (5)
  • (20)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 65
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000222051

作品紹介・あらすじ

2007年夏、ある調査がフランスで話題となった。調査はウィキペディアによる教育の現場の混乱や、そこで不正確で悪意のある書き込みが日常化し政治的な意図をもった情報操作も行われていることを明らかにした。単なるウィキペディア批判ではなく、集合知という情報システムそのものの可能性と内在する問題を根本的に問い直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あとがきにウィキペディア批判ではないと書いているが,どう見てもネガティブな立場を貫いている.
    翻訳本なので,原著のニュアンスが伝わっていないところもあるのかも知れないが.
    本編ではなく,後半の木村忠正の解説の方が日本のネットの現状を知るのに有益だったりもする.

  • 本書は、パリ政治学院卒のジャーナリストらによる、「ウィキペディア」の分析について述べたものである。

    近年、クラウドソーシング・集合知およびソーシャルメディアを褒めそやす文献は多い。本書はそれに反して、かなり批判的な立場から世界最大級の集合知メディアであるウィキペディアを分析したものである。「批判的な分析」という点だけをもってしても、一読する価値はあると思われる。

    また、本書を読むことにより、ネイチャー誌が行ったブリタニカ百科事典とウィキペディアの精度における比較調査がかなりいい加減であったこともわかる。STAP細胞論文の査読の件といい、世界最高レベルの学術雑誌だからといって編集部まで最高であるとは思わないことである。

    全体的に定量的・統計的な分析が少ないこと、あまりにも批判的であることが気にかかるが、巻末の木村忠正氏の解説でほどよく中和されていると感じた。

    前述したように一読の価値がある。しかし、フランス語の原著の表現がひねくれているのか、邦訳がひどいのか不明だが、係り受けのよくわからない文章や、抽象的で意味不明な単語の用法には苦しまされる。よって★1つ減じて★4つと評価する。

  • 今や情報源としては、欠くことのできなくなったwikipediaについてフランス人の著者が考察をしているものの翻訳版。

    光と影は必ずあるわけで、本書では、教育現場、雑誌ネイチャー誌の判断、ウィキペディアを支える人、間違い・改ざん、百科事典が相対的に落ちたことなどを取り上げている。

    集合知、アナーキズムなどと分析されることもあるが、やはり問題もあるわけで、そららを実際に取材しながらよくまとめていると思った。

  • 欠かせない情報ソースになっているウィキペディア問題点の指摘。存在する以上、我々はそれを携えていくしかない。

    解説・木村忠正「ウィキペディアと日本社会」集合知、あるいは新自由主義の文化論理、結構読み応えがありました。

  • 2007年夏、ある調査がフランスで話題となった。調査はウィキペディアによる教育の現場の混乱や、そこで不正確で悪意のある書き込みが日常化し政治的な意図をもった情報操作も行われていることを明らかにした。単なるウィキペディア批判ではなく、集合知という情報システムそのものの可能性と内在する問題を根本的に問い直す。

  • wikipediaを取り巻く思想や、wikipedianの哲学について書かれている。WEB2.0を代表するオープンコンテンツえあるwikiが抱えるそのユニークなフロー特性と、集合知への認識、考察が面白かった。

  • フランスのエリート養成大学を出たばかりの、新進気鋭の著者によるウィキペディアとは何なのかという詳細な検討。ウィキペディアの誕生以来その内部でおこった主要な事件のほとんどを網羅しながら、新しい波への単純な拒絶でもなく、賛美でもなく、客観的に徹底的に分析を加えていく。エピソードは、欧米のものが中心なので、巻末に国内の研究者による日本語版のウィキの解説が補説として追加されている。これもかなりの分量のもので読みごたえがある。ウィキペディアを利用している人にはかなりのお勧め。

    ただし、現役のウィキのアカウントユーザーには目新しい話題はないので、退屈かもしれない。

  • ウィキぺディアといえば、誰もが知っているあの有名なオンライン百科事典だ。期末テストの勉強をしている時、本を読んでいて知らない単語が出てきた時、地域研究の調べ物をする時・・・皆が恐らく利用しているだろうし、かくいう僕も頻繁に使っている。僕の友人には、期末課題をウィキペディアの記事を丸写しするだけで済ませる強者もいて(ああ、なんてウィキペディアが便利で素晴らしいことか!)、学生の勉学における友である(笑)

     250以上の言語により750万項目も持つ世界最大の百科事典。もっとも検索される国際的サイト第9位。このオンライン協力型百科事典ウィキペディアに批判的な立場から本書は執筆されている。とはいっても、著者らはウィキペディアを禁止させ、その社会的地位の抹殺を望んでいるわけではなく、批判的精神を作用させることで行き過ぎを押さえたいと述べているのだ。そしてその警告は、特に大学生や中高生、すなわち僕達に向けてなされている。まあ要するに、それだけレポートや勉強にウィキペディアを使う学生が多いということだ。

     この本を読んで、僕がもっとも関心を持ったのが第7章の「ウィキぺディアの賢い利用法」だ。それまでの章では、ウィキペディアによって混乱する教育現場や英国百科事典ブリタニカとの比較、間違い・改ざん・虚偽の危険性の示唆など、ぶっちゃけて言えばよくあるウィキペディア批判の文章が書かれているだけなのだが、この章だけは少しばかり違う。内容は見ての通り「ウィキぺディアの適切な使用法とそれを身につけるには」というものだ。「(ウィキぺディアへの) 全面的な反対は、風車に立ち向かうドン・キホーテの闘いのようなものだ。」と致し方ない感じで書かれている文章なのだが、我々ウィキペディアンにとっては刮目すべき箇所である。

     著者らはこう言う。ウィキペディアを賢く利用するには、二つの利用法を区別することが必要だと。一つは「すぐに利用できる情報を検索し増大する情報量を確認する方法」、もう一つは「百科事典の網羅性が十分ではないため、情報を深め、個人的な考察を組み上げる方法」である。恐らく、我々の多くは前者は実践できていても、後者の利用法を会得している人は少ないのではないだろうか、どうだろう。とにかく、あらゆる情報の収集をウィキペディアに依存しきっている状態は紛れもなく害である。

     我々にとって身近なウィキペディア。身近なだけに、「便利だからいんじゃねー」的な発想ではなく、付き合い方を再考すべき存在である。どういう時にウィキペディアを使えばいいのか、どのように利用すればいいのか、そもそもウィキペディアを使用するべきなのか否か・・・。そういう意味で、色々考え直させられた本であった。

  • 2010 12/13読了。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。

    フランスのジャーナリストが序文を、彼が講師を務める研究科の院生(当時)が、その指導下で本文の各章を執筆、それに日本語版の解説と訳者によるあとがき付き。

    ウィキペディアについて色々取材して書かれた本なのだが、うーん、序文がいきなり感情的で、ジャーナルのエディトリアル読んでる感じ。ジャーナリストの文章らしい、と言えばらしい。そのため、「書き込まれる言葉は大理石に刻まれるようなもの」という著者自身の言葉に説得力がない。大理石に落書き彫る人だっているしね、観光地とかに。

    本文は、面白い指摘もあるが、Wikipedia批判の文をアンサイクロペディアから引いていたり、何がしたいのかよくわからないところもある・・・というかそれもジャーナリズムっぽいのか。院生が書いたとのことで、インタビュー等の取材能力はさすがジャーナリスト養成課程、と思うが中身の質もジャーナリズムであって研究ではない。別に研究がしたいわけじゃないのだろうから、それで問題ないのだろうが。

    あとがきで訳者も指摘するが、「百科事典=知識の体系、Wikipediaにはそれがないのが最大の問題」という姿勢は文化の違いというか、Wikipediaに期待するものの違いではないか。全体のバランスなんてものをこの規模のテキストに求めても仕方がないというか、個人としてはWikipediaの全体を捉えることなど不可能なのだからどうでもいいんじゃないだろうか。例え体系だっていたってその全貌は得られない。そういう意味では、Wikipedia再度があくまで自分を「百科事典」だ、と主張することが批判を煽ってもいるのかもしれない。もう百科事典とは違うものだ、って認めてしまえば色々な人が楽になりそうではある。

    正直、序文・本文よりは末尾の解説の方が中立的でいい記事に思った。『Googleとの闘い』の訳者も佐々木勉であったが、この人の訳が自分に合わないのか、フランス人が合わないのか。

  • フランス シアンスポ(パリ政治学院) ジャーナリズム学科マスター・コースの講師と学生による本。

    全体にWikipediaの信憑性に疑問を投げかける視点で書かれている。Wikipediaは有用だが、どう付き合うべきなのかを再度考えさせられる。


    ・・・・・・
    ・P7 『「中立性の視点」という幻想的なドグマに従って、無愛想にまた時間順に表示されているだけだ。分析もなければまとめもない』 『ウィキペディアの言う「中立性」......様々な視点を述べること......「中立的」(neutre)が「客観的」(objectif)ではなく、「合意的」(consensuel)という用語と道義に理解されている』

    ・P21 Wikipediaは「基本ツール」。Wikipediaを概念の確認に用い、そこから掘り下げる。

    ・第2章 2005年12月ネイチャー誌の実施したウィキペディアとブリタニカの記事比較調査の問題点

    ・P45 『協力型百科事典の深層』

    ・今自分が見ている版は荒らされた、公平でない書き込み直後のものかもしれないということ。

    ・P28 / P42 科学分野など主観が入りづらく、『素人や荒らし行為をあまり寄せ付けない』分野と、歴史・政治等イデオロギーの絡む分野との差。

全18件中 1 - 10件を表示

ピエール・アスリーヌの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
冲方 丁
シーナ・アイエン...
村上 春樹
ケン・オーレッタ
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
トニー・ブザン
村上 春樹
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする