内なる他者のフォークロア

著者 : 赤坂憲雄
  • 岩波書店 (2010年10月29日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 27人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000222143

作品紹介

"内なる他者"をめぐる差別への欲望とは何か。柳田国男以降、差別にまつわるフォークロアが本格的に問われることは稀だった。だが、つねに批判されてきた民俗学的な知の系譜のなかに、ほそぼそとではあれ、差別のフォークロアの萌芽が埋もれている。天皇と被差別民の起源をめぐる問いとは?沖縄、東北の差別とは?先人たちの差別論にかかわる仕事を掘り起こし、あらたな思索を開く。

内なる他者のフォークロアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 異人、差別を論考した書。結論の「理由があって差別が起こるのではない。差別がおこったから理由が求められる」というのは、なんだそんなの知ってたと拍子抜けであるが、現代のいじめ問題等にも共通する心性だ。やってしまったのも当然だ、やむをえなかったんだと考えたくなる気持ちは古今東西全人類の宿痾だろう

  • 菅江真澄のことを述べた第三章、
    イザベラバード「日本奥地紀行」を取り上げた第四章が秀逸。
    今、居ること
    今、していること
    今、見ていること
    が 当たり前の人は
    なかなか 当たり前すぎて
    その おもしろさ 興味深さ が
    わかりずらい

    その時代に いなかったからこそ
    見えてくるものがある。

全2件中 1 - 2件を表示

赤坂憲雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

内なる他者のフォークロアはこんな本です

ツイートする