演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人

制作 : 松尾 スズキ 
  • 岩波書店 (2001年12月13日発売)
3.18
  • (2)
  • (4)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000222617

作品紹介

演技についてあの人に真面目にお話をききたい!どう舞台に立っているんですか?ただ「いる」ことが難しい。シリアスと笑いについて。ニュートラルでいること。なよなよしてるのはお互い様ですよ。ライブの瞬発力って?どれだけ稽古で作るの?どうやったらあんなに動けるの?芸能界ってどんなところ?セリフ覚えについて。「役になりきる」ってありうるの?劇団をつづけることって難しい?超個性派vs松尾スズキ堂々決行、渾身の対談集。

演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勘三郎さんとか野田秀樹さんとのインタビュー。
    足音と呼吸をコントロールできるかどうか。
    つまり身体のコントロールができるかどうか。

  • 770.4

  • 松阪BF

  • 地元の図書館に松尾スズキの本が矢鱈あるのでまた借りた。もう十年以上前の本なのだけど、松尾スズキ本人、対談相手含め、全員今でも活躍してる人ばっか。でも、べらぼうに変わっている人っていないな、という感じ。ゼロから作れる天才なんてこの世にいないんじゃない。

  • 松尾スズキさんがインタビュー形式で沢山の役者さんとお話ししている。
    へー演技っていっても簡単にまとめられないんだなあと思った、そして演技だからって無駄に頑張る奴はどうかと思う、という気の抜けた感覚が面白かった。

  • 福岡県出身の松尾スズキの本。色んな俳優さんの演じ方が分かります。

  • これを読むと松尾さんの役者の好き嫌いが結構わかります(^^)

  • 血迷って(?)読んでしまいました。<br>
    方法論に正解はないということがわかりました。

  • <b>まぁ、松尾は聞きました。聞いたのです。ですとも!</b><br>
    (P.84)

  • 柄本明氏との対談が面白かったなぁ。天海女史とのはちょっと殺伐としてた、、、かも。

全10件中 1 - 10件を表示

演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松尾 スズキ
松尾 スズキ
松尾 スズキ
奥田 英朗
松尾 スズキ
松尾 スズキ
松尾スズキ
有効な右矢印 無効な右矢印

演技でいいから友達でいて―僕が学んだ舞台の達人はこんな本です

ツイートする