エドさんのピンホール写真教室―スローライフな写真術

制作 : Edward Levinson 
  • 岩波書店
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000222754

作品紹介・あらすじ

心と身体が疲れ果て、自分を見失っていたとき、エドさんはピンホールカメラを手に森を歩いた。そしてピンホールカメラとのゆったりと流れる時間のなかで、心は癒され自分を取り戻していた。そんなスローライフなピンホール写真の世界のすべてを、100点近い豊富な写真作品と、エドさんの味わいのある語りとで綴ったユニークな入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピンホールカメラは長い露出の間、被写体と向かい合いその存在を感じている自分を見つける。写真家は開かれた頭と心を持つことが基本。ピンホール写真には意外性のあるものを偶然に発見する能力(セレンディップ)があるので、この資質はより大切。2017年5月に著者の写真展でピンホール写真に写るスローな時間の流れに感銘を受けた。

  • ピンホールカメラをトイカメラの一種として考えていたので、
    最初は興味がなかった。だいたいせっかくのレンズやカメラが
    わざわざ色を破綻させたりすることに抵抗があった。だだ、
    最近はやってきた携帯写真にいろいろなフィルター効果を加えて
    ある意味へたうま的な味を加味した写真を美しいと思っていた。
    このエドさんのピンホール写真とエッセイはそういったうやむやを
    払拭するような力があると思った。表現の一種として素晴らしい写真。
    広角撮影も自分には合っていた。

    地震の情報収集にぴりぴりしている時に読んだので気持ちが
    和んだ。演出過度な報道に疲れたら少し休もう。

  • 完読ならず

  • お金のいらないピンホールカメラ! 悠久の時の流れに迷い込む、そんな写真を撮影することができます。

全6件中 1 - 6件を表示

エドワード・レビンソンの作品

ツイートする