〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム――ケアの倫理とともに

  • 34人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 林香里
  • 岩波書店 (2011年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000224109

作品紹介

ミニコミやオルターナティヴ・メディア、インターネットでの相互交流的な情報空間がますます活発化する反面、マスメディア・ジャーナリズムの衰退が顕著だ。本書は、排除され、見えなくされがちな女性、子ども、高齢者、貧困層、障害者、外国人等の視点と声を反映した「オンナ・コドモ」のジャーナリズムの豊富な実践例をふまえ、「ケアの倫理」とともにメディア社会をトータルに活性化するための方法を提起する。理念的考察と実践的提言を有機的に架橋する試み。

〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム――ケアの倫理とともにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:98110915
    請求記号:070||H
    配置場所:普通図書(選書コーナー)

    「オンナ・コドモ」って言葉は、女性にとっては
    いい感じのしない言葉です。

  • 自分の責任というベクトルはどこへ向けるべきなのか。『正義の倫理』という視点に対立軸として、『ケアの倫理』という視点を提示する。コミュニティーに属することが叫ばれる中、この『ケアの倫理』の考え方は持っておきたい。自己責任で物事を片付けられるのは、一部の人だけのように思われる。そして、それは自立した大人になることをやめる、ということではなく、大事にする価値観の違いだと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

林香里の作品

〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム――ケアの倫理とともにはこんな本です

ツイートする