虚誕

  • 岩波書店
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000225229

作品紹介・あらすじ

1999年に起きた桶川ストーカー殺人事件は、まさに警察によってつくられた事件であった。本書は、事件から3年、国家賠償を求める被害者遺族への警察の信じられない反論と攻撃、そして家族崩壊の危機、近隣との対立などを乗り越え、愛娘のために闘い続けた遺族の記録である。権力の本質、被害者の実態、権力とメディアと被害者の関係のあり方を問う。はたして市民は権力と戦えるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相手の男の事がだいぶ書かれていた。いいのだろうか。

  • 桶川ストーカー殺人事件の概要を理解している人向けの本だと思った。
    先に清水氏の著書を読んでいたので読みやすかった。
    裁判に関する様々な文書が載っており、清水氏の本とあわせて読むとより理解できるのだが、知れば知るほど、怖くなる事件だ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1940年3月生まれ。福岡県出身。毎日新聞大阪本社社会部、東京本社社会部、テヘラン特派員、『サンデー毎日』編集長を経て、同社を退職後、1989年より活動の場をテレビに移す。現在、“ニュースの職人”として、さまざまな番組のキャスターやコメンテーターとして活躍中。2005年の大腸がん発覚以来、がん患者やその家族を対象とした講演活動も積極的に行っている

「2016年 『食べて よく寝て 鍛えなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥越俊太郎の作品

ツイートする