再検討 教育機会の平等

制作 : 宮寺 晃夫 
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000225878

作品紹介・あらすじ

経済格差と貧困の拡大に伴い、教育機会の格差・不平等も深刻になっている。しかし、そもそもなぜ「教育機会の平等」が望ましく、それはどのように正当化されうるか。そしてどうすれば実現できるのか。市場社会のなかの教育、教育の費用、自由な選択、個性の尊重、差別と人権、統合と多様性、能力と選別等の難問に向き合い、「平等の理由」と「平等の条件」を理論・実践の両面から追究する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日書籍部で岩波の本が少し安く出ていたので買っておいた。教育の機会という具体的なテーマを論じるさいに平等主義や熟議民主主義の理論的検討をしているようなのでちゃんと勉強しよう。

  • 本書の課題は「多様で個別的な要求をどこまで公教育制度の枠内に吸収し得るかの検討」。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする