グローバル定常型社会―地球社会の理論のために

著者 :
  • 岩波書店
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000226233

作品紹介・あらすじ

環境問題が深刻化し、またグローバル化の進展にともなって格差が拡大するなかで、地球規模での福祉社会の実現をいかにしてめざすのか。本書は、有限な地球社会において持続可能な福祉社会の実現をはかるには、経済成長を絶対的な目標としない、環境・福祉・経済を統合した新たな社会モデルを構築することこそが必要であるとして、「グローバル定常型社会」という新しい世界像を提示し、かつローカルなレベルからの実現の方途を示す。今後人類社会が選択すべき道筋を提起する、すぐれた理論的かつ文明史的考察。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■体裁=四六判・上製・カバー・228頁
    ■品切
    ■2009年1月22日
    ■ISBN978-4-00-022623-3 C0036
     環境問題が深刻化し,またグローバル化の進展にともなって格差が拡大するなかで,地球規模での福祉社会の実現をいかにしてめざすのか.本書は,有限な地球社会において持続可能な福祉社会の実現をはかるには,経済成長を絶対的な目標としない環境適合的なポスト産業社会化時代の社会モデルを構築することこそが必要であるとして,環境と福祉の統合による,「グローバル定常化社会」という新しい世界像を提示.今後人類社会が選択すべき道筋を提起した,すぐれた理論的かつ文明史的考察である.
    https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/1/0226230.html

    【目次】
    目次 [v-vi]
    はじめに 「グローバル定常型社会」の可能性 001

    第1章 持続可能な福祉社会――数十年の視座から 019
    1 環境-福祉-経済 019
    2 定常型モデルの可能性 025
    3 資本主義・社会主義・エコロジーの交差 047

    第2章 グローバル・システム――数百年の視座から 071
    1 自由貿易と「公-共-私」 071
    2 不等価交換とエコロジー 086
    3 全体構造と「時間」――持続可能性〔環境〕と分配〔福祉〕の接点 101

    第3章 風土/開放定常系――数千年~数億年の視座から 117
    1 拡大型文明と定常型文明 117
    〔インターミッション〕「開放定常系」をめぐって――地球・生命・人間に関する定常性 136
    2 空間・地理の優位へ 151

    第4章 グローバル定常型社会へ――ローカルからの出発 163
    1 「グローバル・ミニマム」はあるか 163
    2 「ローカルからグローバルへ」の全体構造 175
      (1) ガバナンス(公-共-私)の構造 176
      (2) 「自給と分業」をめぐる構造 184
      (3) 各レベルにおける「環境と福祉」の統合 189

    参考文献 [209-216]
    あとがき(二〇〇八年一〇月末 紅葉の八ヶ岳南麓にて 広井良典) [217-222]

  • 「世界は成長していく必要があるのか?」
    というテーマのもと久々に手にした広井さんの本。
    「ないし」「あるいは」が多くて見にくいけど、
    結構サクサク読める本でした。
    内容としては、これまで成長しない『定常的』な社会はあったわけで、これから世界はそこに向かっていくのではないか。
    また、グローバル・リージョナル・ナショナル・ローカルと区分してその中で、環境・福祉・経済のベストミックスがあるのではないか。
    といったような話でした(たぶん)。
    画一的に「これが理想の世界です」っておしなべてしまうのはそもそも無理があるし、とても納得のいく話でした。

  • 著者の提唱する「グローバル定常型社会」について一応読むことができたが、新たな概念であり、だいぶ読み飛ばした場面もあった。

    色んなデータ、色んな学説が散りばめてあり、余程の興味がなければ読み通すのは困難であった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

*2017年10月現在京都大学こころの未来研究センター教授

「2017年 『社会保障[第3版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

広井良典の作品

ツイートする