ナグ・ハマディ文書・チャコス文書 グノーシスの変容

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 荒井 献  荒井 献  大貫 隆  大貫 隆 
  • 岩波書店 (2010年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000226295

作品紹介

神話から神秘主義へ。新プラトン主義、ヘルメス主義、知恵文学。諸思潮と混淆しつつ、中世神秘主義の基層をなす、グノーシス主義のダイナミックス。『ユダの福音書』を含む、原典からの新訳。

ナグ・ハマディ文書・チャコス文書 グノーシスの変容の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グノーシス関連の、新しく発見された文書を翻訳、解説したものです。大貫隆「グノーシスの神話」(2011年)にもこの本への言及があります。神話として始まったグノーシスが哲学的思想となり、神秘思想へ変容していくことがわかります。神秘思想となったグノーシスは、魔術や錬金術と親和性の高いものに思えました。取り上げられているのはグノーシス文書だけではありませんが、貴重であることに変わりはなく、このような文書が見つかって翻訳・解説されることの重要性を痛感します。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする