グローバル時代の歴史学

制作 : 長谷川 貴彦 
  • 岩波書店
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000226400

作品紹介・あらすじ

国民国家とともに発展してきた歴史学は、大きく変貌を遂げつつある。「グローバル・ヒストリー」は、新たなパラダイムたりうるのか。歴史における「社会」と「自己」の関係をどう捉え直すべきなのか。アメリカを代表する気鋭の歴史家が、二〇世紀の史学史を通観しながら、認知科学など最先端の周辺諸科学との対話を試み、歴史叙述の"これから"を探求する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19Cからの歴史学の流れを概説し、現代の歴史学において主流である文化理論の問題点を提示し、著者なりの解決策を提示した本。

    文化理論の弱点として、「自己が消失していること」が挙げられているが、本作品ではそれに対する建設的な批判が与えられているわけではなく、感情的な議論であった。問題を乗り越えたというよりは、別の考え方を示すにとどまったと言った方がよい。

    文化理論の大元になったフーコーの「言語、文化的な規定が人間を支配する(自己は存在しない)」という考え方と、著者の「自己と社会が相互に作用する(自己にも一定の裁量はある)」という考え方の戦いのように見えた。

    なので、フーコーの作品を読んでみないと理解が深まらないと感じた。


    認知科学の話は、本当にあのリンハントなのかと疑いたくなるものだったが、それを前面に押し出していたわけではなかったので安心した。


    まあ、ともかく、結局哲学に帰ってくるのだなあという感じだ。

全1件中 1 - 1件を表示

リン・ハントの作品

グローバル時代の歴史学はこんな本です

ツイートする