ダーティ・シークレット――タックス・ヘイブンが経済を破壊する

制作 : 鬼澤 忍 
  • 岩波書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000226424

作品紹介・あらすじ

タックス・ヘイブンでの秘密取引による公正な競争の阻害が非効率を生み、経済発展を損なわせる。脱税より恐ろしい秘密主義の弊害が本書で今や明らかに。パナマ文書の暴露を受け、課税当局の動きもある中、独自調査による秘密度指数ランキング、金融資本主義の実態を見据えた提言は必見。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金持ちはさらに富む

  • 原題:Dirty Secrets: How Tax Havens Destroy the Economy(2017)
    著者:Richard Murphy 公認会計士
    訳者:鬼澤 忍  翻訳家
    装丁:森 裕昌  

    【書誌情報】
    本体1,500円+税
    刊行日:2017/10/06
    ISBN:9784000226424
    四六 並製 カバー 240ページ
    https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b313840.html

    【目次】
    謝辞 [v-vi]
    はじめに [vii-xii]
    目次 [xiii-xv]
    献辞 [xvi]

    第一章 タックス・ヘイブンの物語 001
      取締機関はタックス・ヘイブンが何をしていると考えているか 006
      市民社会における議論――守秘法域という認識 017
      メディアの役割 021

    第二章 秘密主義の問題 027
      経済学によれば、こうあるべきではない 027
      タックス・ヘイブンの告発台帳 029
      プライバシーと秘密主義 032
      オフショア世界の構成要素 034
      透明性が必要な理由 037
      タックス・ヘイブンのコスト 039
      民主主義のコスト 043
      租税競争 044

    第三章 タックス・ヘイブンとは何か 053
      オフショア 053
      タックス・ヘイブン 057
      守秘法域 060
      タックス・ヘイブンは何をしているのか 061
      租税回避 065
      企業のためのタックス・ヘイブン 072

    第四章 タックス・ヘイブンの世界 085
      タックス・ヘイブンの製品 085
      オフショアのサービス産業 090
      秘密主義の地理学 101

    第五章 タックス・ヘイブンのコスト 118
      タックス・ヘイブンのせいで失われる税収の影響 125

    第六章 タックス・ヘイブンに立ち向かう 133
      公式の国別報告書 140
      企業と信託の実質所有者一覧 149
      法人税改革 157
      タックス・ヘイブンの提供者に立ち向かう 163
      政治的意思 166

    第七章 タックス・ヘイブン後の世界 171
      タックス・ヘイブン後の世界における政府 176
      タックス・ヘイブン後の時代におけるタックス・ヘイブン 180
      タックス・ヘイブン後の社会 187

    注 [14-23]
    付録3 秘密度指数ランキング [10-13]
    付録2 タックス・ジャスティス・ネットワークの評価基準 [8-9]
    付録1 金融秘密度指数 [4-7]
    索引 [1-3]

全2件中 1 - 2件を表示

リチャード・マーフィーの作品

ツイートする