憲法 第四版

著者 :
  • 岩波書店
3.82
  • (53)
  • (64)
  • (83)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 458
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000227643

作品紹介・あらすじ

法科大学院・新司法試験に対応して新判例を大幅に追加。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スタンダード。

    学説からの批判も多いけど、それは伝統的通説たる芦部説をどう乗り越えていくかが学者にとっては共通の課題であるため。
    そういう意味で、憲法を学ぶ上での最低限必要なレベルとして、しっかり理解しておきたい一冊。


    よく言われる難点としては、統治が非常に薄い点、判例の引用が短い点などがある。

  • 一昔前に書かれた版ではあるが、憲法改正の論議が活発化する前の本として、読むことは資すると考えられる。今後憲法が変遷していく中で、新しいものも読んでいきたいと思えるきっかけとなった。

  • 憲法学の教科書ということで読んでみた。芦部先生の書かれた部分は変わらないそうなので、旧版にした。
    難しいところもあったけど、総じて分りやすく書かれている。
    特に、この憲法の成り立ちは、人類の長い長い自由と人権獲得の戦いの歴史の成果であることがよく分かった。だからこそ、日本国憲法は基本的人権に多くの条文があり、本書も詳しく説明しているのだ(ナットク)。
    憲法に関し迷うことがあれば、本書に戻って考えればよいのだろう。

  • これだけじゃ司法試験合格には足りないが,これを読まなきゃ始まらないという本。今は5版が出ている。

  • 結局のところこの本を完全に理解することを第一の目標とする。

  • 5-5 法律論

  • 憲法を学ぶ上での定番書。

  • 学生時代、ボールペンやら蛍光ペン等で線を引きまくるくらい読み込んだ一冊。
    今は亡き芦部先生ですが、いまの憲法が変わらない限り法学部生のバイブルであり続けるであろう。

    分厚いが、内容は非常にスマートにまとまっていると思う。

  • 憲法の神.

  • ぼちぼちかな。。日比野の講義の方が面白いとこに着目してガッとやるから面白い。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール






「2017年 『日本国憲法制定資料全集(16)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芦部信喜の作品

憲法 第四版を本棚に登録しているひと

ツイートする