現代日本の労働経済――分析・理論・政策

著者 : 石水喜夫
  • 岩波書店 (2012年9月28日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 23人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000227841

現代日本の労働経済――分析・理論・政策の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 失業や不安定雇用といった現代日本が抱える労働問題の現状を、豊富なデータから多角的に描き出し、経済運営の抜本的な転換に向けた経済理論と政策論を構想する。「労働経済白書」の執筆を担ってきた著者が、主流派の市場経済学に代わる新たな労働経済論の枠組みをトータルに提示。(amazon.co.jpより)

  • 石水喜夫『現代日本の労働経済 分析・理論・政策』岩波書店、読了。過去20年の労働環境と政策を概括しながら、市場史上主義ではなく政策による国づくりを展望。単なる「商品」ではない「労働力」の意味を再び捉え直す。本書は「労働経済白書」執筆を担当した著者が人口減少社会をケインズから読み直す試み。

  • 請求記号:366.02/Ish
    資料ID:50067307
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

全3件中 1 - 3件を表示

現代日本の労働経済――分析・理論・政策のその他の作品

石水喜夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・ブリニ...
小林 秀雄
有効な右矢印 無効な右矢印

現代日本の労働経済――分析・理論・政策はこんな本です

ツイートする