国家の構築と解体 (多民族国家ソ連の興亡 2)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000228756

作品紹介・あらすじ

民族問題と複合的国家構造の二つを焦点として描かれた国家の創成と解体のドラマ。崩壊に至る過程の精細な歴史記述によって、国家と権力の本質を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ソ連邦の誕生から解体まで、その大枠的な時系列整理と論点を非常に分りやすく、しかし綿密のまとめた良作。研究者の為の研究書とも言える心地よい論理構成と論理展開をする本書だが、その一方で一般の人には理解出来ないような専門書でもあり、価格も高過ぎる。美や芸術と同じで専門職、いわゆる職人としての作業を美しいと感じる事が出来るかもしれないが、ではその研究とは現在のどのような意味を有しているのか、そしてどのような具体的な還元があるのかという意味では、まさに氏が冒頭にあげる「国家の構築と解体」という普遍的テーマがあるのであろうが、冒頭の問いかけは気がつけば、ソ連史という著者のフィールドの中でぼけて、最後にはソ連と言う枠組みにどっぷりとはまり一般化の議論は消えてなくなるような気もする。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

塩川 伸明
塩川伸明:東京大学名誉教授

「2016年 『東大塾 社会人のための現代ロシア講義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塩川伸明の作品

ツイートする