国家を歌うのは誰か?―グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

制作 : Judith Butler  Gayatri Chakravorty Spivak  竹村 和子 
  • 岩波書店
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (107ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000228855

作品紹介・あらすじ

「国民国家の崩壊が始まったのは、国民の自決権(民族自決権)が全ヨーロッパで承認され、国民の意思があらゆる法的・抽象的制度-つまり国家-にまさることが普遍的に受け入れられたときです。いわば国民は、国家よりもまさっていたのです」(G・スピヴァク)。今日もっとも刺激的な二人の思想家が、新しい政治共同体の可能性を語りあう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハンナ・アーレントを軸としながら、国家について、ポスト構造主義・フェミニズムの代表的な論客2名が議論する。

    わけなのだが、なんだか話は今ひとつかみ合わない。どちらかというと、アーレントの読みとパフォーマティブな国家の脱構築(?)という観点のバトラーに対して、マルクス的なグローバルな資本と国家、民族といった問題意識のスピヴァクで、それぞれが結構長い話をするだけで、インターアクティブな感じはあまりないな。最後のほうで、ようやく、議論がアクティブになり始めたところでおしまい。

    なんだか、ちょっと欲求不満になるのであった。

    でも、ちょっとした刺激というか、問題意識というか、視点を得ることはできた。

    「国民国家」はまさに終わろうとしているんだな、と。そうしたなかで、国際的な法の枠組みは、国民国家をベースとした主権概念に基づいているわけで、その矛盾というのが、今日のさまざまな問題を見るときのポイントかなと思った。

  • 確認先:目黒区立八雲中央図書館・川崎市立宮前図書館・町田市立中央図書館

    香山リカが朝日新聞でスピヴァクを絡めて書評していたので、ご存知の方も多いと思われる(香山自身は「バトラーを書評した斎藤美奈子への」アンサーソングのつもりでやったと思われるがそれはそれで好印象を受けた)。二人(と訳者竹村和子)の文体が口語体なので読みやすいが、取り扱うテーマは非常に深いものがある(アーレントやアガンベン、さらにはシュミットなどにも言及していくという展開)。

    ナシオン(フランス語)ステイツというパッケージが軋みを見せる中で、二人のトークがさえぎり渡る世界とは何か―一読するとそこにヒントがあるかも知れない。

全2件中 1 - 2件を表示

ジュディス・バトラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
エドワード・W....
ミシェル・フーコ...
ミシェル・フーコ...
ミシェル フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

国家を歌うのは誰か?―グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属はこんな本です

ツイートする