こんなときどうする?――臨床のなかの問い

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229029

作品紹介・あらすじ

死がすぐそこに存在する臨床現場で長期に仕事を続けるには、きれいごとを並べるだけではうまくいかない。患者が次々に突きつけてくる難題を乗り切るためには、どうしたらよいのか。情のある医療を実践するためにも工夫された非情が必要とされることなどを指摘し、医療の常識を問い直し、医のあり方、人間の生について考察する。仲間としての医療関係者、病苦に苦しむ患者や家族へ贈る洞察と励まし。ホスピスケアを行う有床診療所を独力で開設し奮闘する医師が、36年間の医療実践を通して到達した医の思想を、豊富な具体例とともに語った滋味豊かな医学エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 臨床いう難しい内容。

    生命の倫理を13の和語で考える
    たっとぶ いつくしむ さする はぐくむ つつしむ
    ひらく わらう とまどう あやまる ゆるしあう いのる
    ほろびる ゆいる

    「必ずしもそうとは言えない」という考え方が大事

  • 穏やかな臨床医のエッセイ。読ませる文章を書く人だ。

  • 以前読んだ菜の花診療所はちょっと良い話って感じだったけど
    これは現実の厳しさやある意味汚さが描かれていてしみじみ
    共感できる部分があった。
    たいへんだけど逃げれない気持ちよくわかる。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1948年生。野の花診療所院長。京都大学医学部卒業。『死の中の笑み』で第4回講談社ノンフィクション賞受賞。主著に『こんなときどうする?:臨床のなかの問い』『野の花ホスピスだより』『死の文化を豊かに』。

「2017年 『看取るあなたへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

徳永進の作品

ツイートする