心の営みとしての病むこと――イメージの心理臨床

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229135

作品紹介・あらすじ

人の生にとって「心を病む」ことにはどんな意味があるのだろうか。心理療法の一分野であるイメージ療法の研究・実践を積み重ねる著者が、自ら考案した「壷イメージ法」をはじめ様々な流派や技法、治療以外の場面への応用例などを解説し、イメージのもつ癒しの機能を解き明かす。心とからだの関わりをめぐる示唆に富む考察。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  壺イメージ法をはじめ筆者のイメージ療法論考の集大成。時にスピリチュアルにがんに対するイメージ療法をその限界も指摘しつつ紹介。筆者の事例でも、面接中に死期が近いという直感がしたクライアントがその後実際に病死した体験について書いている。
     本書のタイトルは個人的には今ひとつしっくりこない。田嶌先生のホリスティックでポジティブな「病」のとらえ方が、自分の中の「病む」イメージにフィットしないからだろうか。

  • 壺をイメージしての療法というのが面白かった。その壺も大小の大きさもさまざま、壺を開けずにしまっておいたりカウンセラーに預けるというのも興味をひいた。あまり深く読み込めておらず、まだ、よくつかめていない。

  • イメージは人の心を癒す。
    過去を体験しなおす。
    リラックスしたイメージ。
    心のリフレッシュ。
    体の声を聞く。
    観察イメージと体験イメージ。

  • 著者曰く「全ての心理療法はイメージ療法である」だそうである。
    考えれば無意識を扱わないつもりの認知行動療法でも「あなたの考え方が過度に悲観的なのでしんどいんですよ」と言うのは立派なイメージ療法である。精神分析の自由連想の解釈も、箱庭を作るのも、著者はそこまでは書いていないが、私は江原啓之さんがスピリチュアル・カウンセリングでやってる事も本質はイメージ療法なのだと考えるようになった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

九州大学大学院人間環境学研究院教授(臨床心理学)

「2016年 『現実に介入しつつ心に関わる[展開編]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田嶌誠一の作品

ツイートする