雇用連帯社会――脱土建国家の公共事業

制作 : 井手 英策 
  • 岩波書店
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229166

作品紹介・あらすじ

新しい「公共の事業」による雇用保障を通じて、社会保障の安定を図り、社会の連帯を実現する-地方自治体を担い手とする公共事業によって「土建型福祉国家」の道を歩んできたわが国の歴史を踏まえ、構造改革期の公共事業の削減による日本の福祉国家の揺らぎを確認する。大震災からの復旧・復興と土建国家への逆流との狭間に立たされるいま、ポスト復興期の公共事業のあり方、自治体の役割、そして、福祉国家の未来を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昨年の政権交代で、土建国家に戻るのか。この間の公共事業削減により、かっての土建福祉国家の機能は大きく低下している。社会保障の安定を図り、社会の連帯を実現し、本来の福祉をめざす必要があると思う。

  • 読み終わった、とは言っても序章と終章だけ。

    しかし、それだけでも十分に「井出イズム」が伝わってくる。

    本当に素晴らしい。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする