公害・環境研究のパイオニアたち――公害研究委員会の50年

制作 : 宮本 憲一  淡路 剛久 
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229340

作品紹介・あらすじ

四大公害の現場にも常に彼らの姿があった。日本社会が直面していた深刻な公害・環境問題の解決を目指して発足した学際的研究組織「公害研究委員会」の50年の活動を振り返る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1963年に発足し、日本の公害研究を牽引した「公害研究委員会」の主要メンバー12名を紹介したもの。都留重人、宇井純、原田正純、飯島伸子らについて、業績やエピソードを知ることができる。

    12名の研究手法や性格はいずれも個性的であるが、現場を何よりも重視する感覚は共通している。編者の寺西俊一氏が原田について記した表現を借りてこれを言いかえると、既成の理論から現実を切り取るのではなく、既成の理論で切り取れない現実を直視し続ける精神である。

全1件中 1 - 1件を表示

公害・環境研究のパイオニアたち――公害研究委員会の50年を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×