原子力安全問題ゼミ 小出裕章 最後の講演

  • 岩波書店
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1980年、京都大学原子炉実験所の、原発に反対する6人のグループによってスタートした「原子力安全問題ゼミ」。そのゼミの第111回にあたる小出裕章氏最後の講演を収録したもの。反原発一筋で41年間在籍した同実験所を定年退職するその前月に行われた、まさに最後の講演である。「原子力廃絶までの道程」と題されたその内容は、法治国家にあるまじき人命の軽視や、権力により歪曲された安全基準の系譜が淡々と語られており、原発の安全問題を論ずる以前に、その存在自体があってはならないものであることがよく分かる。平易な言葉と分かりやすい図説類は、その是非でいまだに揺れ動いている原発問題の基本的な部分を理解するうえで、格好の書と言える。

  • どうしても、どうしてもやめられない訳があるんだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

今中哲二:京都大学複合原子力科学研究所研究員。専門は原子力工学。研究者としては、原子力を進めるためではなく原子力利用にともなうデメリットを明らかにするための研究に従事。福島原発事故後は、放射能汚染の調査や周辺住民の被曝量評価などを行っている。

「2018年 『BIOCITY ビオシティ 75号 東日本大震災、復興の光と影 75号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今中哲二の作品

ツイートする