言葉の降る日

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229531

作品紹介・あらすじ

静かに言葉は降り積もる。いまはもういない、あの人たちへの思いとともに-。親しくその謦咳に接した吉本隆明、鶴見俊輔だけでなく、太宰治や坂口安吾、井伏鱒二、江藤淳、三島由紀夫など、その実像と思想の核心にふれ、切実なる生と死を彫琢する。在りし日の姿、その息遣いまでもが、聴こえてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後のソクラテスの話はまったく分からなかった。でも、還暦を過ぎての旺盛な問題意識と執筆する姿勢には感服する。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤典洋の作品

ツイートする