国境の思想: ビッグデータ時代の主権・セキュリティ・市民

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000229739

作品紹介・あらすじ

9.11後、セキュリティの技術とビッグデータの進展は、国境の意味づけ、そしてあり方そのものを大きく変えた。我々はどのように国境を位置づけているのか、国境は個人や社会にどう影響するか、そして脅かされる人権や正義をどのように確保するべきなのか。多数の資料や取材、政治理論から示す国境論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今は自明なものとして受け取られている国境、これって思っているほどそうではないって話はそう。
    国境がどのように今の形となったのか、空間としての辺境と線としての境界、セキュリタイゼーション、支配としての主権、米加の国境の共同管理、セキュリティチェックとフィルター化、ビッグデータによる平準化などについて触れられているが、結局それでどうなのっていうのがイマイチわからんかった。

全2件中 1 - 2件を表示

庄司克宏の作品

ツイートする
×