裁かれた罪 裁けなかった「こころ」―17歳の自閉症裁判

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (3)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000230193

作品紹介・あらすじ

2005年2月、大阪の小学校で教師殺傷事件が起きた。加害者である17歳の少年は2度の精神鑑定の結果、対人関係や社会性に「障害」があると診断された。この不可解で凶悪な事件に、少年司法と司法精神医学はいかに向き合ったか。殺意や犯行動機、責任能力をめぐって直面した難問とは何だったか…。本書は、公判の傍聴と弁護士を中心とした関係者への丹念な取材からその実相を描き、少年事件加害者にとって真の贖罪と更生のために必要な社会的条件とは何かを問うノンフィクションである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寝屋川の小学校で起きた17歳の少年の事件についてのルポです。少年は広汎性発達障害という障害を抱えていて、刑罰を課すか、保護処分かという部分での裁判官、検察官、弁護士、加害者、被害者、関わったすべての人々の苦渋が書かれています。私自身、読んでいてどちらがいいとは言えないという印象を持ったし、これが1つの試金石になる事件であったのだと痛感しました。多くの方に読んで欲しい一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

批評誌『飢餓陣営』主宰。『自閉症裁判』ほか、福祉関連分野の著作多数。

「2014年 『「生きづらさ」を支える本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤幹夫の作品

ツイートする