三商大 東京・大阪・神戸――日本のビジネス教育の源流

著者 : 橘木俊詔
  • 岩波書店 (2012年2月23日発売)
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000230438

作品紹介

明治以降、日本の近代化過程において、ビジネス教育はいかに行われてきたのか。どのような学校が設けられ、そこからいかなる人材が輩出し、そして彼らの活動が経済発展に果たした役割とは何か。-東京・大阪・神戸の三商大、並びに長崎、小樽、横浜の三大高商、そしてその後身にあたる諸大学(一橋、大阪市立、神戸、長崎、小樽商科、横浜国立)を、その創設から現代まで分析し、併せて欧米のビジネス・スクールとの比較を行い、日本のビジネス教育の現在を評価する。

三商大 東京・大阪・神戸――日本のビジネス教育の源流の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一橋大学を中心に、戦前の商大や高商の歴史を持つ大学の歴史を辿り、日本のビジネス教育について考察している。
    正直、各大学の沿革について著者の感想を交えながら、延々と述べられているだけで、基本的には「ふーん」という感想だった。特に、教育よりも地頭がよかったことが卒業生が活躍できた理由ではないかといった、日本のビジネス教育の功罪についての分析はやや浅いかなと感じた。
    各商大・高商系の大学の歴史についてはよくわかった。特に、大阪高商が、神戸に敗れ官立での大阪高商案が頓挫した後に、大阪市民の熱意により市立での開学となったというエピソードは、当時の大阪人の気概が感じられて興味深かった。

  • 歴史的記述でもあり、経営学を再確認する上でも興味深い一冊である。本書では、我が国の明治以降の商業を担う人材を輩出してきた三商大に焦点を当て、その歴史的な展開を考察している。続きはブログ→http://hiderot.blogspot.jp/2012/05/blog-post_9549.html

  • 377.21||Ta

  • 横浜国立大学には医学部がないんですね。

全6件中 1 - 6件を表示

橘木俊詔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

三商大 東京・大阪・神戸――日本のビジネス教育の源流はこんな本です

ツイートする