終末と救済の幻想―オウム真理教とは何か

制作 : 渡辺 学 
  • 岩波書店 (2000年6月27日発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000233446

終末と救済の幻想―オウム真理教とは何かの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原題:Destroying the world to save it: Aum Shinrikyo, Apocalyptic Violence, and the New Global Terrorism
    著者:Robert Jay Lifton(1926-)
    訳者:渡辺学


     読み返してた『日本人の死生観』(岩波新書 1977)からこの本に行きつく。


    【版元】
    ジャンル:書籍 > 単行本 > 宗教
    刊行日:2000/06/27
    ISBN 9784000233446
    Cコード:0014
    体裁:四六・上製・カバー・404頁
    定価:本体3,200円+税
    在庫:品切れ

     地下鉄サリン事件などで世紀末日本を震撼させたオウム真理教-その特異な活動を支えた世界観とは,また集団としての特徴とは何か.アウシュヴィッツ,原爆投下など現代の苛烈な体験をめぐるユニークな考察で知られる精神医学者が元信者らへのインタビューを含む調査にもとづいて究明,人民寺院など米国のカルトと比較する.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b261241.html

  • 直訳調で読みづらさを感じるが、「なぜ彼らはあのような組織を作り、あのような行動をとったのか?」を理解する上で重要な書物。何時の世も、もうすぐ世界が終わるという終末信仰を持った人間が改革を、良かれ悪かれはじめてしまうということが伺える。だからこそ、力のある宗教というのは、キリスト教にせよ仏教にせよ、その構成要素に終末信仰を採用しているのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

ロバート・J.リフトンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

終末と救済の幻想―オウム真理教とは何かはこんな本です

ツイートする