無意識の形成物〈上〉

制作 : ジャック=アランミレール 
  • 岩波書店
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000234108

作品紹介・あらすじ

精神分析を、言語という礎の上に改めて据えるということ。一九五三年のローマで宣言されたこの目標に向けて、フロイトの著作を読み直し、さらに同時代の精神分析理論を再検討してきたラカンは、五年目のセミネールにおいて、ついにその成果を彼独自の一群の概念装置のうちに結晶させる。「グラフ」や「シェーマR」、あるいは「父性隠喩」といった概念装置が、機知や文学、臨床例への豊富な参照のなかで構築されて行く過程を克明にたどった本書は、ラカンの「思考」がはらむ運動への、最良の導入となるだろう。

著者プロフィール

1901-81年。フランスの精神分析家。パリ大学医学部などで学び、サン=タンヌ病院などで臨床に専念。1964年にはパリ・フロイト派を創設した。1953年から始められたセミネールは多くの聴衆を集めるとともに、大きな影響を与え続けている。著書に、『エクリ』(全3巻、弘文堂)。

「2019年 『アンコール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・ラカンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャック ラカン
ヴィクトール・E...
ロラン・バルト
ルートウィヒ・ウ...
ジャック ラカン
ジャック ラカン
ジークムント フ...
ジャック ラカン
ジャック・デリダ
ジャック ラカン
J.L. ボルヘ...
スラヴォイ・ジジ...
ジャック・デリダ
ジャック ラカン
ジャック・ラカン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×