証言 沖縄戦の日本兵―六〇年の沈黙を超えて

著者 : 國森康弘
  • 岩波書店 (2008年12月19日発売)
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000234580

証言 沖縄戦の日本兵―六〇年の沈黙を超えての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沖縄戦に身を置いた日本兵の証言。あっさりしてさくさく読みやすい感覚は、大切なものをはしょった気がして(例えば陥る背景など)貴重な証言にも関わらず、その裏に著者及び発行元の思想が巧みに潜み、読み手を誘導していないかと少々居心地の悪さを感じる点も。
    戦後の余韻を引き摺る古い証言本をいくつか踏まえた上で、この本は読んだほうがいいと思います。とは言え、沖縄戦の悲惨さは変わらないのですが。

  • 沖縄戦におけるすさまじい事実が淡々と記述されているだけに,凄みをもってせまってくる。

  • 悲惨さを極めた沖縄戦の現実を、生き残った元日本兵の証言を元に構成された記録。人間がそこまで残酷になれるのかと目を疑いたくなるような日本兵による蛮行の数々、軍部によって否応なしに災禍に呑みこまれていった沖縄の住民たちが辿った悲惨な最期。
    そこに語られる現実を見聞きした者は恐らく二度と戦争など起こしたいとは微塵も思わないはず。
    ふと思ったのは、こういった生々しい記憶を語る者が居なくなったときに、国家は戦争を再び始めてしまうのではないだろうか? もしこの記憶をしっかりと伝え続ける手段があったならば?もし戦争体験者たちがツイッタ―やフェイスブックによって悲惨な記憶について語り続けられたなら・・。

  • 意外だった。沖縄戦の日本兵の証言がまとまったものがこれまでなかったということが。
    非常に価値の高い証言集だ。抑制の効いた筆致がリアリティをより深く感じさせる。内容に対して右からの否定的な書き込みなどがありそうだが、あまり見当たらないのは、そのリアリティ故かもしれない。
    必読。

  • 2009年4月23日

全5件中 1 - 5件を表示

國森康弘の作品

証言 沖縄戦の日本兵―六〇年の沈黙を超えてはこんな本です

ツイートする