政治家とリーダーシップ―ポピュリズムを超えて

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236249

作品紹介・あらすじ

米国同時多発テロル事件をめぐっては、あらゆる国のさまざまな政治家が発言し、行動を起こしている。それでは、指導者の条件とは何なのか。はたして「文明の対話」は可能なのか。小泉首相のリーダーシップから、ポピュリズム論、イスラーム問題にいたるまでを、歴史のなかに位置付け、21世紀の国際関係の視点から明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者山内昌之氏を最近2.3年の論壇で知った。本書は11年前著作であるが、時事的問題も決して古さを感じさせない内容である。「終章 ポピュリズムを超えて━教育の刷新」 は「新しい歴史教科書」「ゆとり教育」についての筆者独特の鋭い分析が展開されてゐる。

  • 烏兎の庭 第一部 書評 10.18.02
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/yoko/seijikay.html

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947(昭和22)年札幌に生れる。1971年北海道大学文学部卒業後、カイロ大学客員助教授、東京大学教養学部助教授、トルコ歴史協会研究員、ハーバード大学客員研究員、東京大学大学院総合文化研究科教授などを歴任。明治大学研究・知財戦略機構国際総合研究所(中東研究部門)特任教授。学術博士(東京大学)。国際関係史とイスラーム地域研究を専攻。1984年に『現代のイスラム』(朝日新聞社)で発展途上国研究奨励賞、1986年に『スルタンガリエフの夢』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞、1990年に『瀕死のリヴァイアサン』(TBSブリタニカ)で毎日出版文化賞、1991年に『ラディカル・ヒストリー』(中央公論社)で吉野作造賞、2001年12月には『納得しなかった男』(岩波書店)などで司馬遼太郎賞、2002年11月に『岩波イスラーム辞典』(共編著、岩波書店)で二度目の毎日出版文化賞、2006年紫綬褒章を受賞。書評集は、『歴史家の本棚』『歴史家の書見台』『歴史家の羅針盤』『歴史家の展望鏡』(以上、みすず書房)のほか『歴史家の一冊』(朝日選書)『歴史という名の書物』『歴史のなかの未来』(以上、新潮社)がある。

「2017年 『歴史家の展望鏡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

政治家とリーダーシップ―ポピュリズムを超えてのその他の作品

山内昌之の作品

政治家とリーダーシップ―ポピュリズムを超えてを本棚に登録しているひと

ツイートする