生命の政治学―福祉国家・エコロジー・生命倫理

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 広井良典
  • 岩波書店 (2003年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236362

作品紹介

人間の「生命」に本質的に関わる問題領域でありながら、これまで、福祉国家〜社会保障、エコロジー〜環境政策/政治、生命倫理〜生命科学の3つの領域は、アカデミズムの強固な縦割り性と専門分化のゆえに、個別ばらばらに論じられるのみで相互に関連付けられて議論されることはなかった。本書は、これら3つの問題領域を横断的に論じ、トータルに理解することを可能にする統合的なパースペクティブを提示する。

生命の政治学―福祉国家・エコロジー・生命倫理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発売当時に読んだが、当時の私には内容が高度すぎて理解できなかった。今ならもう少し内容が解るかもしれない...

  • 千葉大の経済学部教授、科学哲学者の先生が書いた面白そうな本。先生が紆余曲折の末にたどり着いた死生観が「自然のスピチュアリティ」という箇所に書かれています。

  • これ広井良典先生の良書です

全3件中 1 - 3件を表示

生命の政治学―福祉国家・エコロジー・生命倫理のその他の作品

広井良典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ヴィクトール・E...
トマ・ピケティ
ジョン・ロールズ
ジョージ・A・ア...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

生命の政治学―福祉国家・エコロジー・生命倫理はこんな本です

ツイートする