セネカ 現代人への手紙

著者 :
  • 岩波書店
3.65
  • (2)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分自身への嫌悪を引き起こすのは常に何もしないのらくら暮らしである。

    私はその日その日が我が最後の日と覚悟して生きている。

    哲学は理論的でもあるが実践的でもある。なので私はそれを探求しているのであって、君たちに忠告したり、警告したりするだけで満足する者ではない。

    何であれ、欲望によって得たものは全て他人のものであると考えよ。また運命が君のためにしてくれたことも君のものではない。他者から与えられたようなものは直ぐに取り戻されるものなのだから。

    精神的に自由になりたいなら、貧乏になるか、貧乏の真似をせよ。

    奴隷状態が人間を捉えていることは滅多にない。大抵は人間自らが奴隷状態でいることを掴んで放さないのだ。

    荷物を背負ったまま泳いで助かる可能性は限りなく低い。

    富の軽蔑こそ富へと達する最短の途である。

    どんな処に死が待ち受けているか誰にも判らない。ならばこちらから待ち受けるべきである。

    人は誰でも真に自分のもの~それは魂とそこから成熟した理性~以外は自慢してはならない。

    私は大きくて何の不安もない智慧の大国を知っている。そこでは所有物はすべての人のものであるという意味において全てを所有している。

    争いは獲物が存在するから起こる。しかしそれを得た者が最後まで幸福だった試しは一度もない。

    運命に身を委ねたる者は大いなる魂である。運命には逆う者、世界秩序について悪しく思う者、自分自身でなく世界を改良しようと思う者は墜落した人間である。

  • ローマに生きた人なのに、「そうそう!」って共感しちゃう箇所がいっぱいある。

  •  
    ── 中野 孝次《セネカ 現代人への手紙 20040528 岩波書店》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4000236466
     
    …… 当分は、新しい革袋にむらがって、みんなが古い酒を酌み交わす
    だろう。新しい酒は、たぶん僕の生存中は開発されないにちがいない。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19960605 早くセネカ!
     
    (20100727)

  • 梨木香歩さんの「村田エフェンディ滞土録」を読んで、セネカの言葉が印象に残っていたので、書店でこの本が目に入ったとき、思わず買ってしまいました。
    哲学というととっつきにくくて、小難しいという印象があるけれど、セネカの言葉は実際的でおもしろく、なおかつ深遠です。キャッチコピーにも似て、まっすぐに人の心を捉える言葉ばかりで、お勧めです。

全4件中 1 - 4件を表示

中野孝次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
マルクスアウレー...
サン=テグジュペ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする