戦争と平和 愛のメッセージ

著者 :
  • 岩波書店
3.88
  • (6)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012.8.20 市立図書館

    とても読みやすいけど、戦争の怖さもわかると思う。
    小中高校生にも読みやすいいと思う。

  • 戦争は悪い事。でも国民が政治に感心がないのが悪い
    と切り捨てています。

    薄いハードカバーは30分もあれば読めてしまいますが、ジックリ読んで欲しい本。
    この本の中には『亡霊たちの進行』と『悪魔』の歌詞が載ってます。
    どういう意味なのか、考えるまでもありません。
    『悪魔』の前に書かれている文章は
    『戦争を起こす人間が大きい顔をする、こんな地球には悪魔も住んでいられないんじゃないかしら。』でした。

    とても、判り易い本。
    本当に、『正義のための戦争なんてありゃしないんです』の一言に賛成。

  • 筆者自身の被爆体験や、戦争体験にはやっぱり力があります。

  • 憲法9条を守りたい。今だからこそ戦争と平和について考えたい。戦争とはあなたの愛する人が死ぬということ。というシンプルで力強いメッセージが、分かりやすく読みやすい本です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

美輪 明宏(みわ あきひろ)
1935年、長崎県長崎市生まれの歌手、俳優、演出家。本名「丸山明宏(まるやま あきひろ)」で活動していた時期がある。10歳のとき、長崎市本石灰町(爆心地から南東へ約3.9キロ)の自宅で被爆した体験がある。終戦後、加賀美一郎のボーイソプラノの影響から声楽とピアノのレッスンを受け始め、上京。シャンソン喫茶「銀巴里」の張り紙を見て専属契約を交わし、歌手デビュー。以降多くの著名文化人との交友を経て、同性愛者への偏見や原爆後遺症に抗いながら、歌手・俳優として活躍を続けてきた。
著作も数多く、数十年読まれ続ける『紫の履歴書』、50万部を超えるベストセラー『人生ノート』などが代表作。

美輪明宏の作品

ツイートする