全盲の弁護士 竹下義樹

  • 27人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小林照幸
  • 岩波書店 (2005年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236577

全盲の弁護士 竹下義樹の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小林照幸著。

    竹下先生のお名前は存じていましたが、人となりを知りたくて本書を取りました。

    エリートでない普通の人間が弁護士になるまで、についてが前半、後半は弁護士になられてからの活動が記されています。

    自伝でなくドキュメンタリーなので、脚色がいくらかあるかも知れませんが、それでも、一般の人間が人生や夢といったものに希望が持てる本だと思います。

    ご本人のパーソナリティや京都という環境が夢の実現につながったのは著者が明らかにしていますが、私の印象は、弁護士に対して『カッコいい』と思う気持ちに素直だったのだと感じました。弁護士になるまでの叙述の中で『カッコいい』または『カッコええ』という言葉が4回登場しました。

    子どももそうですが、大人もみんな、「カッコいい」と思った人のようになろう!という素直な気持ちに従って生きていくことが重要ではないかと考えます。

全1件中 1 - 1件を表示

小林照幸の作品

全盲の弁護士 竹下義樹はこんな本です

ツイートする