聖書の日本語―翻訳の歴史

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000236645

作品紹介・あらすじ

神、聖霊、天国、洗礼(浸礼)、愛…。日本語という池に落とされた聖書の言葉。そこに広がった波紋を、試行と迷走の翻訳過程に読む。中国語訳から明治元訳へ、そして大正改訳から新共同訳まで、聖書の翻訳が、そのつどどのような意味で文化的な事件であったのかを、具体的に描き出す。中国経由のキリスト教という、軽視しえない一面をはじめ、数々の発見を含む、聖書翻訳物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 鈴木 範久《聖書の日本語 翻訳の歴史 20060223 岩波書店》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4000236644
     
    …… 現代日本語のもう1つの源──人と出来事でたどる聖書翻訳通史.
    日本近代の埋もれた系譜を発掘する.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b261293.html
     
    ♀鈴木 範久 宗教史 19350107 ‥‥ /-2002 立教大学名誉教授
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19350417
     紀田文庫【1】英雄たちの森と人間の海 [紀元前~十五世紀頃]
     
    …… 野の百合は、働かず紡がず。されど神は養い給ふ。/ソロモンの
    栄華、いかに装えど、野の百合の一つだに然かざりき(マタイ伝 6-29)
     文語調ならではの名文に由来して、若き日の有賀博士は長女“のゆり”
    と名づけた。たぐいまれなる命名の傑作である。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19560101
     然かざりき ↓地デジ ~ さらば、アナログ ~
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20110724
     
    (20170113)
     

  • 私は普段新共同訳の聖書を使っています。時々、その日本語になじまない時もあります。今回、この本を読んで、なぜなじまなかったのか、わかった気がします。特に漢語経由のことばは、「愛」を含めて、語義との乖離がとても気になっていました。聖書の翻訳の歴史を読むことによって、いかに多くの人たちがこの問題と意識的に取り組んできたか、それがおもしろかったです。
    その漢語なのですが、ベースに中国語訳聖書があり、それを意識して使ったのでした。その辺の過程がとてもおもしろかったです。

  • 烏兎の庭 第二部 書評 4.22.06
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto02/bunsho/sis.html

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1935年生まれ。専攻、宗教学宗教史学。立教大学名誉教授。近代日本キリスト教研究、とくに内村鑑三研究と日本語の聖書翻訳研究の第一人者。著書:『内村鑑三』『聖書の日本語』『内村鑑三の人と思想』(ともに岩波書店)、『内村鑑三日録』全12巻『近代日本のバイブル』(ともに教文館)、『聖書を読んだ30人』(日本聖書協会)ほか多数。編集:『内村鑑三全集』全40巻(岩波書店)ほか。翻訳:内村鑑三『代表的日本人』(岩波文庫)など。

「2017年 『日本キリスト教史 年表で読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

聖書の日本語―翻訳の歴史のその他の作品

聖書の日本語――翻訳の歴史 (岩波オンデマンドブックス) オンデマンド (ペーパーバック) 聖書の日本語――翻訳の歴史 (岩波オンデマンドブックス) 鈴木範久

鈴木範久の作品

ツイートする